スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<連続不審死>木嶋被告、3人の殺害否定 詐欺2件は認める 

恋愛・結婚・婚活に関しての最新の注目動向です。

 埼玉、東京、千葉で09年に男性3人が死亡した首都圏連続不審死事件で、殺人罪などに問われた木嶋佳苗被告(37)の裁判員裁判の初公判が10日、さいたま地裁(大熊一之裁判長)で開かれた。木嶋被告は3人の殺害について「私は殺害していません」と無罪を主張した。7件の詐欺や詐欺未遂などのうち2件の詐欺事件だけを認め、他は否認した。



 検察側は冒頭陳述で、木嶋被告は経済的に困窮したことから結婚サイトに登録し、複数の男性と同時に交際し、多額の金をだまし取ったと主張。「(被害者との)関係を終わらせるために練炭を使って自殺を装い殺害した」と指摘した。

 一方、弁護側は「(被害者は)自殺や失火による火災で死亡した疑いがある。木嶋さんは無罪です」と主張。冒頭陳述で「木嶋さんは将来を真剣に考え、(被害者らとは)本当に結婚を考えていた。練炭やコンロを持ち込んだり、火をつけたりしていない」と強調した。

 6人の裁判員は3人の裁判官とともに、起訴されている10事件を一括審理する。裁判員の選任(5日)から判決(4月13日)までの在任期間は過去最長100日間で、公判で尋問される証人は延べ63人に上る。直接証拠が乏しい中、裁判員は被告側と検察側の主張が真っ向から対立する状況で難しい判断を迫られる。

 起訴状によると、木嶋被告は09年8月、埼玉県富士見市の駐車場に止めたレンタカー内で練炭に火をつけ、薬物で眠らせた交際相手の東京都千代田区の会社員、大出嘉之さん(当時41歳)を一酸化炭素中毒で殺害。ほぼ同様の方法で09年1月、交際中の東京都青梅市の会社員、寺田隆夫さん(同53歳)を、09年5月には自分がヘルパーとして出入りしていた千葉県野田市の無職、安藤建三さん(同80歳)を相次いで殺害したとされる。【飼手勇介、田口雅士】




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120110-00000031-mai-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akk9876.blog47.fc2.com/tb.php/35-e233ca63

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。