スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100日裁判、3段階の冒頭陳述など進行工夫 

恋愛・結婚・婚活に関しての最新の注目動向です。

 交際相手ら男性3人を殺害したとして、殺人罪などに問われた無職木嶋(きじま)佳苗(かなえ)被告(37)の裁判員裁判。

 今回の裁判は裁判員(男性3人、女性3人)の任期が100日に及ぶ。起訴事実は10件、事件の被害者とされる男性は8人になる。内容は複雑で、証拠も多数に及ぶことから、検察・弁護側とも裁判員の負担を軽減し、少しでも理解しやすいようにと、進行方法や資料などで工夫を凝らした。

 検察側は、通常1回の冒頭陳述を3段階に分けて行う異例の進行方法を説明した。裁判員らに、結婚サイト登録や金銭の授受などを時系列で並べた資料と、死亡した男性3人との交際経過や被告の経済状況、殺害準備などを共通点ごとにまとめた資料を提示。「全てを理解し、記憶する必要はない。少しずつ説明するので、常に手元に置いてほしい」と繰り返した。

 全事件を整理した段階に続き、3件の殺人などを、それぞれ2段階で検討するとした。この日は大出さんの事件について詳述した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120111-00000232-yom-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akk9876.blog47.fc2.com/tb.php/34-810c7e63

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。