スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新成人に聞く、交際相手はいますか? 

恋愛・結婚・婚活に関しての最新の注目動向です。

 現在、彼氏または彼女がいますか? 2012年1月に成人式を迎える独身男女に聞いたところ、全体の24.7%(男性21.0%、女性28.5%)が「交際相手がいる」と回答。昨年の調査結果と比べ、「彼女がいる」男性は4.7ポイント増加したが、1996年に比べ29.0ポイントも減少していることが、オーネットの調査で分かった。



 また「交際相手がいない」という人に、彼氏・彼女がほしいですかと聞いたところ、68.3%(男性70.6%、女性65.7%)が「ほしい」と答えた。「ほしい」という人は昨年と比べ3.7ポイント増加。また「今後は、異性との交際を積極的にしたい」(46.6%)とした人も同5.6ポイント増加するなど、「昨年の新成人より、恋愛に対する意欲が感じられた」(オーネット)

●新成人の結婚観

 これまでに交際した相手(現在も含む)は何人ですか? この質問に対し「ひとりもいない」が最も多く47.0%(男性47.8%、女性46.3%)。昨年(男性49.3%、女性41.3%)と比べ、男性は微減だったが、女性は5.0ポイントも増えた。

 長引く景気低迷は、新成人の結婚観にどのような影響を与えているのだろうか。「経済的不安などから結婚を先延ばしにする傾向が強まっている」と答えたのは64.3%(男性6.5.8%、女性62.8%)。その一方で「経済不況下でも、結婚したい気持ちが弱まっているとは思わない」が49.5%(男性43.5%、女性55.5%)。厳しい経済環境が続いているものの、「自分自身の結婚意欲には影響はないと考えている人が多い」(オーネット)

●自分は結婚できないかもしれない

 家庭の経済的生活を支えるのは夫にある、と考えている人はどのくらいいるのだろうか。全体の37.8%(男性51.3%、女性24.3%)は「夫にある」と回答。また「結婚するには女性の収入も重要な条件である」としたのは45.1%(男性29.8%、女性60.5%)。

 女性も男性の収入に頼るばかりではなく、自らも家計を担うつもりでいることがうかがえた。このような背景から、全体の63.6%(男性59.8%、女性67.5%)が「自分は結婚できないのではないかと思うことがある」と考え、75.6%(男性74.3%、女性77.0%)が「経済的な基盤ができないと結婚はできない」と考える傾向は、女性のほうが高い結果となった。

 インターネットによる調査で、2012年1月に成人式を迎える独身男女800人が回答した。調査期間は2011年11月30日から12月5日まで。




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120106-00000034-zdn_mkt-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akk9876.blog47.fc2.com/tb.php/28-d8d14dda

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。