スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

架け橋 1・17から3・11へ(1)描いた春 笑顔咲いた 

恋愛・結婚・婚活に関しての最新の注目動向です。

 ◆「神戸は絶対に東北を忘れません」

 兵庫県西宮市の郵便局職員、藤田敏則(63)は昨年4月6日、岩手県陸前高田市で長女の菊池朋(とも)=当時(29)=の遺体を確認した。朋は3年前に結婚、陸前高田市で暮らし、当時は妊娠4カ月だった。朋と小さな命は東日本大震災の大津波に巻き込まれたのだ。

 悲しみしかなかった。藤田は自宅に戻り、数日間虚脱状態に陥った。何をする気もしなかった。

 そんなとき、朋の声が聞こえた。確かに「泣いている場合じゃないでしょ」といった気がした。

 声は17年前の記憶をよみがえらせた。

 藤田は阪神大震災で被災。家族は幸い無事だった。画廊を経営していた藤田は、知人の画家に呼びかけ、避難所で子供の「お絵かき会」をはじめた。ショックで感情を表現できなくなっている子供たちの助けになりたかったからだ。

 娘が世話になった土地のためにできることをしよう。約1カ月後から、藤田は岩手県の幼稚園や保育園に足しげく通った。沿岸部を中心に約50カ所で、「お絵かき会 けっぱれ(がんばれ)岩手っ子」を開いた。約1800人が参加。「食べ物は何が好き?」「虹を見たことある?」などと問いかけ、心を引き出した。9月には大船渡市などで展示会を開いた。藤田は「親を亡くした子も笑顔をみせてくれた。今なら娘にできることはやったといえる」という。

 藤田がお絵かき会の準備に奔走していたころの昨年4月29日。神戸市東灘区の子供向け絵画教室「アトリエ太陽の子」代表、中嶋洋子(59)は、大船渡市の避難所になっていた中学校を約千枚のサクラの絵を抱えて訪れていた。

 中嶋は阪神大震災で教え子の幼稚園と小学1年生の姉妹を失った。東日本大震災の発生で「こんな時だから子供たちに絆の大切さを伝えたい」と思った。そして神戸の子供たちにサクラの絵を描くことを呼びかけた。東北に子供たちの絵で「春」を届けたかった。

 サクラの絵を避難所で壁に貼りつけた。一人が「やっと春がきたぞ~」と笑顔で叫んだ。涙を浮かべるお年寄りもいた。

 津波で被災した小学校では、子供たちの手形で「こいのぼり」を描く青空教室を開いた。絵を描くうちに子供たちの笑い声が聞こえてきた。

 神戸に帰ると、訪問した小学校の教頭から電話があった。「次はいつ来てくれますか。子供たちには心の支えが必要なんです」。中嶋は「神戸は絶対に、東北の被災地を忘れません」と答えた。(敬称略)

 阪神大震災から17日で17年。17年前の被災地から、昨年、激しく傷ついた東北に、多くの手がさしのべられた。「1・17」から「3・11」へ。その思いを追った。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120112-00000137-san-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

「殺害していません」木嶋被告、全面否認で無罪主張 連続不審死初公判 

恋愛・結婚・婚活に関しての最新の注目動向です。

 首都圏で起きた男性の連続不審死事件で、殺人や詐欺などの罪に問われた木嶋佳苗被告(37)の裁判員裁判初公判が10日、さいたま地裁(大熊一之裁判長)で開かれた。木嶋被告は罪状認否で、一部の詐欺について現金を受け取った外形的事実は認めたが、3件の殺人については「私は殺害していません」などと述べ、起訴内容を全面的に否認した。



 起訴状などによると、木嶋被告は平成21年7月、インターネットの結婚紹介サイトを通じて知り合った東京都千代田区の会社員、大出嘉之さん=当時(41)=に結婚する意思があるように装い、専門学校の学費援助名目として現金約470万円を詐取。さらに同年8月、大出さんに睡眠剤を飲ませて眠らせた上、埼玉県富士見市の駐車場に駐車中の車内で、練炭を燃やして殺害。同年1月には東京都青梅市の会社員、寺田隆夫さん=当時(53)=を、同年5月には千葉県野田市の無職、安藤建三さん=当時(80)=を、それぞれの練炭自殺を装って殺害したとされる。

 このほかに、20年8月から12月にかけて男性2人に結婚をほのめかし、計319万9000円をだまし取った▽21年7月から9月にかけて、男性3人に結婚する意思があるように装い、現金をだまし取ろうとした▽21年1月、都内のホテルで男性を睡眠薬で眠らせ、財布から5万円を盗んだ-として6件の事件で起訴されている。

 木嶋被告は22年2月の殺人容疑での逮捕後、黙秘を続けているが、検察側は状況証拠の積み重ねで立証していく方針。一方、弁護側は詐欺の一部は認めるものの、殺人に関しては無罪主張をするとみられる。このため、証人延べ63人が出廷を予定している。

 裁判は3月13日に結審し、4月13日に判決言い渡しが行われる。裁判員は3カ月にわたる長期審理に加え、極刑選択を迫られる可能性もあり、心身共に負担が懸念されている。




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120110-00000526-san-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



<連続不審死>木嶋被告、3人の殺害否定 詐欺2件は認める 

恋愛・結婚・婚活に関しての最新の注目動向です。

 埼玉、東京、千葉で09年に男性3人が死亡した首都圏連続不審死事件で、殺人罪などに問われた木嶋佳苗被告(37)の裁判員裁判の初公判が10日、さいたま地裁(大熊一之裁判長)で開かれた。木嶋被告は3人の殺害について「私は殺害していません」と無罪を主張した。7件の詐欺や詐欺未遂などのうち2件の詐欺事件だけを認め、他は否認した。



 検察側は冒頭陳述で、木嶋被告は経済的に困窮したことから結婚サイトに登録し、複数の男性と同時に交際し、多額の金をだまし取ったと主張。「(被害者との)関係を終わらせるために練炭を使って自殺を装い殺害した」と指摘した。

 一方、弁護側は「(被害者は)自殺や失火による火災で死亡した疑いがある。木嶋さんは無罪です」と主張。冒頭陳述で「木嶋さんは将来を真剣に考え、(被害者らとは)本当に結婚を考えていた。練炭やコンロを持ち込んだり、火をつけたりしていない」と強調した。

 6人の裁判員は3人の裁判官とともに、起訴されている10事件を一括審理する。裁判員の選任(5日)から判決(4月13日)までの在任期間は過去最長100日間で、公判で尋問される証人は延べ63人に上る。直接証拠が乏しい中、裁判員は被告側と検察側の主張が真っ向から対立する状況で難しい判断を迫られる。

 起訴状によると、木嶋被告は09年8月、埼玉県富士見市の駐車場に止めたレンタカー内で練炭に火をつけ、薬物で眠らせた交際相手の東京都千代田区の会社員、大出嘉之さん(当時41歳)を一酸化炭素中毒で殺害。ほぼ同様の方法で09年1月、交際中の東京都青梅市の会社員、寺田隆夫さん(同53歳)を、09年5月には自分がヘルパーとして出入りしていた千葉県野田市の無職、安藤建三さん(同80歳)を相次いで殺害したとされる。【飼手勇介、田口雅士】




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120110-00000031-mai-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



100日裁判、3段階の冒頭陳述など進行工夫 

恋愛・結婚・婚活に関しての最新の注目動向です。

 交際相手ら男性3人を殺害したとして、殺人罪などに問われた無職木嶋(きじま)佳苗(かなえ)被告(37)の裁判員裁判。

 今回の裁判は裁判員(男性3人、女性3人)の任期が100日に及ぶ。起訴事実は10件、事件の被害者とされる男性は8人になる。内容は複雑で、証拠も多数に及ぶことから、検察・弁護側とも裁判員の負担を軽減し、少しでも理解しやすいようにと、進行方法や資料などで工夫を凝らした。

 検察側は、通常1回の冒頭陳述を3段階に分けて行う異例の進行方法を説明した。裁判員らに、結婚サイト登録や金銭の授受などを時系列で並べた資料と、死亡した男性3人との交際経過や被告の経済状況、殺害準備などを共通点ごとにまとめた資料を提示。「全てを理解し、記憶する必要はない。少しずつ説明するので、常に手元に置いてほしい」と繰り返した。

 全事件を整理した段階に続き、3件の殺人などを、それぞれ2段階で検討するとした。この日は大出さんの事件について詳述した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120111-00000232-yom-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



結婚持ちかけ女性からクレジットカード詐取 元外資系社長再逮捕へ 

恋愛・結婚・婚活に関しての最新の注目動向です。

 結婚を持ちかけた女性からクレジットカードをだまし取ったとして、外資系不動産投資会社の元社長、田中淳平被告(33)=詐欺罪で起訴=が逮捕された結婚詐欺事件で、田中被告が別の女性からも金品を詐取した疑いが強まったとして、大阪府警天王寺署が詐欺容疑で再逮捕する方針を固めたことが9日、分かった。

 捜査関係者によると、田中被告は平成19年10月~20年6月、兵庫県明石市内の30代の女性に結婚を持ちかけたうえ、会社従業員の出張費などの名目で新幹線の回数券約700枚(約1千万円相当)や現金約1100万円などをだまし取った疑いがもたれている。

 田中被告は大手のイベント企画会社が主催するお見合いパーティーに約150回参加し、知り合った女性二十数人に対して同様の行為を繰り返していたとみられる。被害総額は約3億円にのぼるといい、同署が裏付けを進めている。

 田中被告は、大阪府内の女性に「結婚を前提につきあって」などと持ちかけてクレジットカード3枚をだまし取ったとして、昨年11月に同署に逮捕された。これまでの調べに対し、黙秘しているという。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120110-00000554-san-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



<オウム事件>斎藤容疑者の自宅と勤務先を家宅捜索 

恋愛・結婚・婚活に関しての最新の注目動向です。

 警視庁は10日午後8時半から、いずれも東大阪市にある斎藤容疑者の自宅マンションと勤務先の整骨院を家宅捜索した。スーツ姿の捜査員ら計25人が段ボールなどを持ってマンションと整骨院に入った。

 整骨院の場所は斎藤容疑者の自宅近く。「独身でずっと1人暮らし」と斎藤容疑者は患者らに話し、出身地も福島県ではなく群馬県と偽っていた。「親からも早く結婚しろと言われるけど、もう少し仕事を頑張りたい」と男性患者に話し、平田容疑者をかくまっているそぶりは見せなかった。平田容疑者が警視庁に出頭する直前には、「父親の具合が悪いので群馬に帰る」と仕事を休んだが、今月6日は働いていたという。

 患者らによると、斎藤容疑者は「吉川先生」と慕われ、マッサージも丁寧で好評だった。胸まである長髪を三つ編みにして眼鏡をかけ、自宅マンションから自転車で通勤していた。60代の男性患者は、「最初は事務の仕事だったが、後にマッサージもするようになった。患者に信頼されていた彼女が、オウム関係者だなんて、とても信じられない」と驚いた様子だった。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120110-00000093-mai-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



「男の子が好きで…」34歳男、男子生徒130人の裸画像収集 

恋愛・結婚・婚活に関しての最新の注目動向です。

 携帯電話のゲームサイト内で女子中学生になりすまし、知り合った男子中学生に裸の写真を送らせたなどとして兵庫県警に昨年逮捕された男が、同様の手口で男子中学生ら全国の約130人から裸の写真などを入手していたことが8日、捜査関係者への取材で分かった。男は「15~16歳の男の子が好きで、自分だけの画像がほしかった」と供述しているという。出会い系サイトに比べて健全とされる「非出会い系サイト」が犯行に利用されており、県警は注意を呼びかけている。

 男は兵庫県西宮市の派遣社員、中山勇治被告(34)=公判中。昨年8月、中3男子に対する強制わいせつ容疑で逮捕され、その後、中学2年の男子生徒に裸の写真を送らせるなどしたとして児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で2度逮捕。いずれも起訴された。

 捜査関係者によると、中山被告は女子中学生を装って複数の携帯ゲームサイトに登録。会員同士で連絡できる「ミニメール」機能を使って男子中学生らにメールを送り、「互いの裸の写真を交換しよう」と持ちかけ、画像を送らせていたとされる。

 別サイトから入手した女性の裸の画像や、サイト上で知り合った女子中学生から入手した裸の写真などを男子中学生らに送信し、自身が女子中学生であるように装っていたという。

 県警は、中山被告の自宅を家宅捜索した際、名前ごとにファイル分けして保存された少年のわいせつ画像計約4千点を押収。画像を分析した結果、約130人分にのぼることが分かった。一部は高校生だったが、大半は中学生とみられる。中山被告は「子供がたくさん使っている携帯ゲームサイトを選んだ。ネットならだませると思った」と供述しているという。

 県警は、中山被告がサイトを通じて直接会った男子生徒に対し、わいせつ行為や買春などをしていた可能性もあるとみて、余罪などを調べている。

     ◇

 中山被告が利用した「非出会い系サイト」は、手軽な交流手段として若者らに人気がある半面、未成年が性犯罪に巻き込まれる入り口になりつつある実体が浮かんでいる。

 非出会い系は、交流サイトの「ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)」を提供するコミュニティーサイト。携帯電話向けのサービスなどを主とするモバゲーやグリーなどが大手で、それぞれ数千万人が利用しているとされる。

 利用者同士の恋愛などを目的とした出会い系サイトに対し、ネット上の交流を目的としており、ともに匿名性はあるが、比較的健全なサイトと目されてきた。

 しかし、警察庁によると、非出会い系サイトを通じた昨年1~6月の18歳未満の性犯罪被害者は、出会い系の約4倍となる546人にのぼる。逮捕・摘発者557人の約7割は、中山被告と同様に非出会い系のミニメール機能を使って被害者と接触。容疑者側が年齢や職業などを偽っていたケースも約4割あった。

 女子中学生などの登録者には、登録直後からミニメールが相次いで着信し、中には「親に内緒のおこづかい欲しいとか興味ない?」「暇な時にでも一緒に遊ばへん?3~4万出しますよ」と援助交際をほのめかす内容もあるという。

 捜査関係者は、非出会い系サイトについて「子供が使う場合、どういう使い方をしているのか保護者が定期的に確認することが大事だ」と指摘している。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120109-00000523-san-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



<「愛を追う漱石」>文豪の恋愛観を読み解く 

恋愛・結婚・婚活に関しての最新の注目動向です。

 ◇小説の「決め言葉」引用

 毎日新聞鹿児島版「はがき随筆」の選者で鹿児島大学名誉教授、石田忠彦さん(73)が夏目漱石の小説から、その恋愛観を読み解いた「愛を追う漱石」を刊行した。「三四郎」や「こころ」など著名な作品の文章を引用しながら近代化した社会の中で、どんな愛の形が可能かを追求した漱石の姿を描き出している。

 同書は、漱石を「近代化され、個人の自我が強くなった社会における愛の可能性を追求した」作家と位置づけている。取り上げた題材は、ほぼ漱石が執筆した順に「三四郎」から始まり、未完の「明暗」まで。漱石が描いた恋愛や夫婦愛、そして人間愛などに迫っている。また、小説の場面を見事に決める文章「決め言葉」を引用することで、改めて漱石の小説の魅力も紹介している。

 石田さんは、あとがきで「坊っちゃん」の冒頭の一節を引用。「もう一度小説を読む楽しさを取り戻したい」と記しており、同書は漱石を読み直すきっかけにもなりそうだ。

 同書は双文社出版から刊行。B6判で217ページ。定価は税別1700円。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120110-00000005-maiall-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



女性宮家創設に着手…皇室典範改正素案作りへ 

恋愛・結婚・婚活に関しての最新の注目動向です。

 政府は6日、皇族女子が結婚後も皇室にとどまる「女性宮家」創設の本格的な検討に着手した。同日付で園部逸夫・元最高裁判事を担当の内閣官房参与に起用し、2月から有識者の意見聴取を始め、皇室典範改正案の素案作りを進める方針だ。

 政府は女性宮家創設について、内閣官房と宮内庁の勉強会で検討を進めてきたが、女性宮家創設には皇室典範の改正が必要なため、素案を国民や与野党に示し、早期に意見集約を図る必要があると判断した。

 園部氏を起用したのは、法曹関係者として中立性が高いとの判断に加え、「園部氏は女性宮家の創設を提唱していて、政府と同じ考え方だ」(政府筋)との理由からだ。園部氏が小泉政権時代に座長代理を務めた「皇室典範に関する有識者会議」の2005年の報告書にも女性宮家創設が盛り込まれている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120107-00000063-yom-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



新成人に聞く、交際相手はいますか? 

恋愛・結婚・婚活に関しての最新の注目動向です。

 現在、彼氏または彼女がいますか? 2012年1月に成人式を迎える独身男女に聞いたところ、全体の24.7%(男性21.0%、女性28.5%)が「交際相手がいる」と回答。昨年の調査結果と比べ、「彼女がいる」男性は4.7ポイント増加したが、1996年に比べ29.0ポイントも減少していることが、オーネットの調査で分かった。



 また「交際相手がいない」という人に、彼氏・彼女がほしいですかと聞いたところ、68.3%(男性70.6%、女性65.7%)が「ほしい」と答えた。「ほしい」という人は昨年と比べ3.7ポイント増加。また「今後は、異性との交際を積極的にしたい」(46.6%)とした人も同5.6ポイント増加するなど、「昨年の新成人より、恋愛に対する意欲が感じられた」(オーネット)

●新成人の結婚観

 これまでに交際した相手(現在も含む)は何人ですか? この質問に対し「ひとりもいない」が最も多く47.0%(男性47.8%、女性46.3%)。昨年(男性49.3%、女性41.3%)と比べ、男性は微減だったが、女性は5.0ポイントも増えた。

 長引く景気低迷は、新成人の結婚観にどのような影響を与えているのだろうか。「経済的不安などから結婚を先延ばしにする傾向が強まっている」と答えたのは64.3%(男性6.5.8%、女性62.8%)。その一方で「経済不況下でも、結婚したい気持ちが弱まっているとは思わない」が49.5%(男性43.5%、女性55.5%)。厳しい経済環境が続いているものの、「自分自身の結婚意欲には影響はないと考えている人が多い」(オーネット)

●自分は結婚できないかもしれない

 家庭の経済的生活を支えるのは夫にある、と考えている人はどのくらいいるのだろうか。全体の37.8%(男性51.3%、女性24.3%)は「夫にある」と回答。また「結婚するには女性の収入も重要な条件である」としたのは45.1%(男性29.8%、女性60.5%)。

 女性も男性の収入に頼るばかりではなく、自らも家計を担うつもりでいることがうかがえた。このような背景から、全体の63.6%(男性59.8%、女性67.5%)が「自分は結婚できないのではないかと思うことがある」と考え、75.6%(男性74.3%、女性77.0%)が「経済的な基盤ができないと結婚はできない」と考える傾向は、女性のほうが高い結果となった。

 インターネットによる調査で、2012年1月に成人式を迎える独身男女800人が回答した。調査期間は2011年11月30日から12月5日まで。




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120106-00000034-zdn_mkt-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



クリスマスに告白! 成功率は74.2% 

恋愛・結婚・婚活に関しての最新の注目動向です。

 クリスマスシーズンに告白またはプロポーズされると、OKする確率は高くなると思いますか? 全国の男女に聞いたところ「思う」と答えたのは61.9%、「思わない」が38.1%であることが、アフラックの調査で分かった。



 この結果を裏付けるように、クリスマスシーズンに告白またはプロポーズをした人のうち、74.2%が「成功した」と回答。「大切な告白はクリスマスに行うと、成功する確率が高まるのかもしれない」(アフラック)としている。

 またクリスマスシーズンのほうが気持ちを伝える言葉が「伝わりやすい」と感じている人は34.8%。一方、「伝わりにくい」という人は16.4%だった。

●クリスマスプレゼント、コトとモノどっちがいい?

 クリスマスにプレゼントされるとしたら、モノとコトどちらがいいですか? 恋人からは「コト(絶対に+どちらかといえば)」と答えた人は60.4%。次いで「家族から」(40.2%)、「友人から」(32.8%)、「同僚から」(21.6%)と続いた。「恋愛感情や愛情をもつ相手ほど『コト』をプレゼントしてほしい傾向があるようだ」(同)

 また、クリスマスプレゼントに言葉を添えてほしいと考えている人は88.7%。クリスマスには、言葉や体験といった物質的ではないモノを贈れば喜ばれそうだ。

 インターネットによる調査で、12~59歳の男女1122人が回答した。調査期間は10月15日から16日まで。




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111209-00000075-zdn_mkt-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。